пятница, 21 мая 2010 г.

ね、ね、知ってる?

В дораме 「メイちゃんの執事」 один из главных героев по фамилии Сибата откликается на прозвище "Мамэсиба". Вот, собственно, кто они такие, эти мамэсиба (мамэ -- бобы, сиба = сибаину -- порода собак) :



Просто великолепно, по-моему. Боб(орешек)-собака говорит:

1) フランス語ではタンポポのことをオネショという。
2) カバの汗はピンク色。ただし血の汗と呼ばれるが、カバは汗腺を持っていないので汗ではない。
3) キスした時は2億個の細菌が口の中を行ったり来たりする。
4) フランスの白アスパラガスをマドマアゼルの指ともいう。
5)カンガルーの袋の中はすごく臭い。
6)イカの心臓は3つ。
7)オシドリの夫婦は仲がよいのは巣を作るまで。繁殖期以外は雄雌別行動。
8)フラミンゴは赤い母乳。
9)カマキリのメスはオスを食べてしまう。
Очень познавательно, как мне кажется.

Комментариев нет: